1万円台で買える! 高コスパ Diginnos DG-CANPC  レビュー

日本HP様のご厚意でDiginnos DG-CANPCのレビューをさせていただく機会を頂きましたので外見・パフォーマンス・使い勝手・付属ソフトなどについて管理人視点でレビューをしていきたいと思います

このDiginnos DG-CANPCははじめて見ると正直なんだろこれ?
 と不思議な気持ちで見つめてしまいます。
見た目はただの円柱ですよね。

このコンパクトさでフォルムも綺麗なのでテレビ台の上などに置いておいても良いですね。

特徴としてはCPU:Atom、メモリ:4GBと高望みは出来ないスペックですが動画などの閲覧などは十分になせる力を「秘めています。

しかもこれ見た目はディスクトップパソコンですが実はバッテリーと無線LANを内蔵しているのでモバイルモニターなどを利用してノートパソコン的に使う手もありです。

本体の音に関してはオンボード HD サウンド, モノラルスピーカーなので多くは期待しない方が良いです。

価格的には通常価格26,800 円→18,500 円とかなりの値引きになっていてさらに無線キーボード(BSKBW100SBK)も無料で貰えるという衝撃的な高コスパの設定になっています。
※価格は3/7時点

スポンサーリンク
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Diginnos DG-CANPC レビュー機材の基本スペック

今回レビューを行うモデルは以下のようなスペックになっています。

CPU:インテル Atom x7-Z8700 プロセッサー
OS:Windows 10 Home (64bit)
メモリー:4GB DDR3L
ディスプレイ:別売り
グラフィック:インテル HDグラフィックス (CPU内蔵)
ストレージ:1TB HDD
光学ドライブ:未搭載
ネットワーク:IEEE802.11 ac/a/b/g/n+Bluetooth 4.0

Diginnos DG-CANPCの詳細情報はこちらのページからご確認いただけます。

Diginnos DG-CANPC 外観チェック

Diginnos DG-CANPCの外観チェックです。

本体の外観

<<正面>>

WEBカメラが用意されています。

カメラは上向きに角度を変えることが出来ます。

<<裏面>>

・ヘッドホン/ヘッドセット端子
・DC入力端子
・内蔵マイク
・USB 3.0 X2
・microSDカード


<<上面>>

電源スイッチは上部です。


<<底面>>

手で持ってみると
結構軽いですね、これなら持ち運びもいけそうです。。。

モニターと接続したイメージ

これ結構いいでしょ!
テレビと接続して使うというのも有りだと思います。

箱に入った状態

電源

電源は本体内蔵ではなくACアダプタになっています。
サイズ的にはコンパクトですね。

Diginnos DG-CANPC の質量

Diginnos DG-CANPC の質量を実際に計ってみました。

・本体のみ

公式ページでは質量の記載を見つけられなかったんですが計ってみると463gでした。

・AC電源

・本体+AC電源

本体+AC電源で609gなのでかなり軽いですね。

外見チェックのまとめ

コンパクトなフォルムでパソコンを感じさせないですよね。
カラーも落ち着いたシルバーなので場所を選ばずに設置することが出来ると思います。

Diginnos DG-CANPC パフォーマンスチェック

基本スペック

CPU:インテル Atom x7-Z8700 プロセッサー
メモリ:4GB DDR3L
ストレージ:32GB eMMC
グラフィックス:インテル HDグラフィックス (CPU内蔵)

パフォーマンスチェック

CPU: Atom、メモリ:4GB、ストレージ:32GB eMMCですので強力なパワーを秘めているということは無いと思いますがどの程度行けるのかは興味があるところです。

レビュー機材はCPU内蔵のグラフィックないので3D処理に関しては大きくは期待できないと予想しますが結果はどうでしょうか?

performance test8による測定結果

Atom搭載としては良い方だと思います。

WIN Scoreによる測定結果

ゲーム関連ベンチマーク

ゲーム目的でDiginnos DG-CANPCを選ぶ方は居られないと思いますが念のためベンチマークをとってみます。
軽いゲームであればなんとか遊べそうですね。

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド

1280X720 高品質ノートPC: 755(動作困難)
1280X720 標準品質ノートPC:1437(設定変更が必要)

ドラゴンクエスト

1280X720 最高品質:1831(重い)
1280X720 標準品質:2433(やや重い)

3DMark

・Fire Strike

PCMark 8
 
 

ストレージの情報

Crystal Diskmarkによる測定です。
HDDで普通より少し早いくらいですかね。

CPU Zの情報

再起動テストによるパフォーマンス測定

10回測定を行いました。
なにかいつになく数字とが53~56秒まとまっています。
大体コンスタントに1分は切るイメージですかね。

1回目:00:56秒
2回目:00:54秒
3回目:00:54秒
4回目:00:56秒
5回目:00:54秒
6回目:00:52秒
7回目:00:55秒
8回目:00:55秒
9回目:00:54秒
10回目:00:53秒

静音性および温度チェック

今回の測定はサーバー用の負荷ツール「CPUSTRES.EXE」でCPUの使用率を100%にした状態で15分間測定しています。
測定中のCPUの使用率はほぼ100%で推移していました。

測定を行った機器は
・騒音:「サンコー 小型デジタル騒音計 RAMA11O08」
を使用しました。

静音性チェック

騒音計測器で計測したところ最大44.5dbでした。
これは「図書館内」に相当するレベルでかなり静かなレベルです。

温度チェック

<<開始時>>

<<ピーク時>>

消費電力チェック

・アイドル時

・高負荷時(ベンチマーク/3DMARK実行時)

 13Watなので消費電力は少なそうですね。

バッテリーチェック

USB供給電力チェック

若干多めの供給量ですね。

Diginnos DG-CANPC (デジノス DG-CANPC) (2017年3月7日時点)
型番 Diginnos DG-CANPC
CPU インテル Atom x7-Z8700 プロセッサー (クアッドコア, 定格 1.60GHz, 最大2.40GHz, キャッシュ2MB)
OS Windows 10 Home
グラフィックス インテル HDグラフィックス (CPU内蔵)
メモリー 4GB DDR3L
ストレージ 32GB eMMC
LAN IEEE802.11 ac/a/b/g/n+Bluetooth 4.0
光学ドライブ 未搭載
インターフェイス USB3.0x2、HDMI x1
本体サイズ 約66(直径)×181(高さ)mm
本体質量 N/A
保証 1年間 持込修理保証
オフィスソフト なし
主な付属品 ACアダプター、HDMI-HDMIケーブル、スリム端子オーディオ延長ケーブル、簡易マニュアル
販売価格 26,800 円(税抜)+送料

HP 22-b030jp 付属ソフトチェック

潔いまで何も入っていないという感じです。
ドスパラさんのパソコンの場合Pc Doctorが導入されていることが多いんですけどストレージの空き容量の関係か入っていませんでした。

Diginnos DG-CANPCのレビューまとめ

Diginnos DG-CANPC のお勧めポイント

  • コンパクトな筐体でカラーも落ち着いたシルバーなのでインテリア的にお部屋に置くことが出来る
  • ノートパソコンと同様に無線LAN、バッテリー搭載なので簡単に使う場所を移動出来る
  • 使っていても熱も音も気にならない

Diginnos DG-CANPCの気になる点

重い処理をするのにパワー不足を感じる場合がある

管理人の総評

Diginnos DG-CANPCはコンパクトでスタイリッシュなボディなので設置場所にも困らないモデルです。
無線LANも最新のAC規格に対応しているので高速な通信が出来そうです。

でも実は管理人が思うDiginnos DG-CANPCの一番の魅力は高コスパです。

通常価格が26,800 円でなぜか今価格が18,500 円ととなっているんです。
メモリー4GBを搭載した普通に使えるパソコンが1万円台で購入できるというのはちょっと衝撃的な気がします。
しかも無線キーボード(BSKBW100SBK)も無料で貰えるキャンペーンも実施中なのでさらに凄いことになっています。
※価格は3/7時点

お部屋のインテリアになるパソコンが欲しい方は勿論、移動が簡単なコスパの良いセカンド パソコンをお探しの方にお勧めできるモデルです。

また、お部屋も移動して利用するような場合はモバイルモニタをセットで購入するというのも良いと思います。
※以下の最新情報のページでモニタセットもご覧いただけます。

Diginnos DG-CANPCの最新情報はこちらのページからご確認いただけます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク