ニュータイプPC! Pavilion Wave 600 さらに進化して登場

今回ご紹介するのは日本HPから新発売のPavilion Wave 600-a100jpです。

このモデルは以前にご紹介したPavilion Wave 600-a051jpのインテル最新CPU搭載のモデルです。
※Pavilion Wave 600-a051jpのレビュー記事はこちらからご覧いただけます。
 >>>これ本当にパソコン? 不思議な形のPavilion Wave 600レビュー

このモデルの特徴は何と言ってもその不思議な形状です。

これがパソコンなんです。

管理人にはどちらかというオーディオのスピーカーの様に見えます。
でもれっきとしたパソコンでしかもパフォーマンスも侮れない仕上がりになっています。
しかも今回は最新のインテル第7世代(Kabylake)搭載になっているのでさらにパフォーマンスが向上しているものと思われます。

また、高品質な音が360度全ての方向で均一に聞こえる点も見逃せないですね。
部屋の中心において音楽を楽しむという使い方も出来そうです。

映像の出力も4kに対応しているのでテレビなどに接続して大画面で綺麗な映像を楽しむことも出来ます。

モデル的には以下の4モデルが用意されています。
※今回はエントリーモデルを例にご紹介します。

・エントリーモデル

CPU:Core i3、メモリ:4GB、ストレージ: HDD 1TB、グラフィック:インテル® HD グラフィックス

・スタンダードモデル

CPU:Core i5、メモリ:8GB、ストレージ: HDD 1TB、グラフィック:インテル® HD グラフィックス

・スタンダード(グラフィックス/SSD搭載)モデル

CPU:Core i5、メモリ:8GB、ストレージ:SSD 128GB M.2+HDD 1TB、グラフィック:AMD Radeon™ R9 m470 グラフィックス

・パフォーマンス(グラフィックス搭載)モデル

CPU:Core i7、メモリ:8GB、ストレージ:HDD 2TB、グラフィック:AMD Radeon™ R9 m470 グラフィックス

液晶への接続はHDMI×1、DisplayPort×1が用意されているので手持ちのディスプレイも活用できそうです。
2画面同時にも対応しているので使い方の幅が広がりそうです。

また、外部インターフェイスも

USB3.0×1(前面)、USB3.0×2、USB Type-C™ 3.1 ×1(背面)
HDMI×1、DisplayPort×1
ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
メディアカードリーダー×1、セキュリティロックケーブル用ホール

とコンパクトなボディながら拡張性があってよいですね。
最新規格のUSB Type-Cにも対応しているので今後発売される高性能機器にも対応出来ます。

ではこのモデルの具体的なスペック情報を見てみましょう!!

スポンサーリンク
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

モデルの特徴

HP Pavilion Wave 600-a100jp エントリーモデルはユニークな筐体で置く場所にも困らないモデルです。

OSはWindows 10 Home 64bitです。

CPUはインテル® Core™ i3-7100T プロセッサーを搭載していて

メモリに’4GB(4GB×1)PC4-17000を搭載しているので

インターネットやオフィスソフトを利用に十分なパフォーマンスを発揮してくれそうですよね。

メモリーは4GB搭載ですので通常利用の範囲では足りなくなることは余りないと思います。
もし、もう少しあった方が安心とお考えの場合はスタンダードなどの上位モデルを選択することになります。

光学ドライブは未搭載ですので必要な場合は外付けの物を利用することになります。
価格は5,000円程度を想定すれば大丈夫だと思います。
     もし、手持ちで外付けのDVDなどをお持ちで無い場合は他のパソコンでも使えますので検討して見ても良いかもしれないですね。 

ストレージはHDD 1TBですので余程動画などの大容量データを保存しない限りは十分な容量だと思います。

また大きさは

約 174 × 169 × 259 mm

約 3.0 kg

となります。

コンパクトなサイズで軽量なので設置場所に困らないですし無線LANを活用すれば場所の移動も簡単に行うことが出来ます。

LM-iH430BN-SH2

79,800円~(税抜)+送料  <3/9(木)時点>

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この商品の詳細はこちらから確認できます。

HP Pavilion Wave 600-a100jpエントリーモデル (2017年3月7日時点)
型番 600-a130jp
CPU インテル® Core™ i3-7100T プロセッサー (3.40GHz, インテル®スマート・キャッシュ3MB,2コア/4スレッド)
OS Windows 10 Home (64bit)
グラフィックス インテル® HD グラフィックス 630
メモリー 4GB(4GB×1)PC4-17000 (2133MHz)(最大4GB)
ストレージ 1TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
LAN 有線LAN+IEEE 802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2
光学ドライブ 未搭載
インターフェイス USB3.0×1(前面)、USB3.0×2、USB Type-C™ 3.1 ×1(背面)
HDMI×1、DisplayPort×1
ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
メディアカードリーダー×1、セキュリティロックケーブル用ホール
本体サイズ 縦置き : 約 174 × 169 × 259 mm
本体質量 約 3.0 kg
保証 1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)
オフィスソフト なし
主な付属品 速効!HPパソコンナビ特別版、マニュアル一式、電源コード、ACアダプター、キーボード充電用USBケーブル、保証書 等
販売価格 79,800円~(税抜)+送料 

このモデルのお勧めポイント

  • 基本スペックが高いのでパフォーマンスに期待できる
  • コンパクトで落ち着いたカラーのボディなので設置場所に困らない
  • 360度に出る音はかなり楽しめる

気になる点

特になし

管理人の総評

前モデルから最新CPU(インテル第7世代)搭載で、さらに進化したモデルです。
落ち着いたボディも前モデルから継承されているので設置場所も選ばないですね。

熱も上向きに排気されるので机の上に置いて利用しても周りの人に熱排気がかかるなどの心配がないのも好印象です。

パソコンの熱排気の問題は結構隣席とのもめごとになるので注意したい点ですよね。
実際会社でパソコンの設置を行っても机の上に置いた場合は排気の向きをどうするかで結構神経を使いますし、設置してからも向きを変えたいという要望は良くあります。

HP Pavilion Wave 600-a100jpは最新CPU(インテル第7世代)は4k動画にも最適化されているCPUなのでこれから4k動画が増えてくるのが楽しみになって来るモデルです。

HP Pavilion Wave 600-a100jpはお部屋のインテリアにもなるパソコンが欲しい、良い音質で綺麗な動画を楽しみたいそんな方にお勧めのモデルです。

この商品の最新情報はこちらから確認できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク